22年目の告白は実話?韓国映画が原作?犯人の時効撤廃で刑法は如何に

あなたがこの記事にたどり着いたということは、

物語が進むにつれて、コレってどういうこと?

あのシーンて何を意味するの?ということになってしまったからですね?

 

この記事は、新感覚!映画とともに観ることを念頭に作成してます。

 

気になるシーンごとに記事を分けてます。

 

一緒にしてしまうと、まだまだ先のシーンの解説を見てしまうからです。

考え込んでしまうと先のシーンを見逃してしまった!

なんてことになったり、映画を観終わった後にモヤモヤ〜

良くわかんない映画だったな〜と思ってしまいますよね。

 

とっても勿体無い!!

 

今回は、そんなみなさんが気になるシーンを解説します。

 

「あらすじ」は省きます。映画(お家で)を観ながらでも確認できるように

 

解説の後に相関図登場人物を後半に記載してます。

さと
どうも、こんにちは!
管理人さとです!

今日も、『SevenInstaColor』
にお越しいただきありがとうございます。

NEKOくん
まえおき長いにゃ!やっと挨拶にゃ!

では、最後まで楽しんでいってください。

Sponsored Link

「22年目の告白は実話?韓国映画が原作?」を説明

「22年目の告白」韓国映画「さつ人の告白」がもとになってます。

また、この映画は「さつ人の追憶」という韓国映画が参考になっており

さらに、その映画は実際の事件をもとに制作されております。

1986年から1991年にかけて10人の女性が被害にあった
実際におこった事件「華城連続さつ人事件」です。

この事件も時効が成立しており、未解決事件になってます。

本当の事件では出版物は出ておりません。

Sponsored Link

犯人の時効撤廃で刑法は如何(いか)に

「22年目の告白」では最後の事件が0時を回っていることから

仙堂の時効が成立しおらず逮捕に至りました。

他の事件については時効が成立していますが、

ここでクエスチョン?

・法で裁けるのは6人分の罪を償いさせられるか?

・はたまた、1人分の罪しか課せられないか?

どうやら、法律では1人分の罪しか罰することができないようです。

よって、牧村里香の件でしか立件できないようです。

一件の事件ではおそらく極刑妥当じゃないということに、、、

その後の犯罪がないだけに、これ以上の犯罪を犯すことはないという判断と

仙堂は精神病院に入院をしており、精神の病にあまい法律においては

罪が軽くなる可能性もあります。

相関図

この映画は人物が複雑に絡み合うので、相関図とキャストを見ながら映画を見ると理解しやすくなります。

キャスト

藤原 竜也 ー 曾根崎 雅人(44)
年齢よりも若く容姿端麗の男性役
22年前の東京連続殺人事件の犯人だと告白本を出版する。

伊藤 英明 ー 牧村 航(45)
事件を担当していた刑事
犯人を目前に取り逃がす悔しい過去、負傷した顔の傷が残る。

夏帆 ー 岸 美晴(27)
2件目の被害者遺族で目撃者。書店員として働く
牧村とは事件の後から知り合い。本好きは牧村の影響

野村 周平 ー 小野寺 拓巳(22)
牧村里香の婚約者

石橋 杏奈 ー 牧村 里香(20)
牧村 航の妹は関西で看護婦をしていた。
阪神・淡路大震災で居住先を失い、小野寺 拓巳と共に
牧村のアパートに引っ越してきた。
が、連続絞殺事件直後に行方不明に、

竜星涼 ー 春日部 信司(28)
牧村 航の後輩刑事

松本 まりか ー 川北 未南子(30)
「私が殺人犯です」編集者および曾根崎のマネージャー

矢島 健一 ー 若松 義生(57)
所轄組織犯罪対策課 課長

早乙女 太一 ー 戸田 丈(26)
橘組 構成員、被害者遺族

平田 満 ー 滝 幸宏(享年45)
事件当時に牧村 航の上司
最後の事件被害者

岩松 了 ー 山縣 明寛(60)
四件目の事件の目撃者
共立中央病院の院長

岩城 滉一 ー 橘 大祐(64)
三件目の事件の目撃者
橘組の組長

仲村 トオル ー 仙堂 俊雄(50)
「NEWS EYES」のキャスター
事件当時はジャーナリストで真相を追求する。

「22年目の告白は実話?韓国映画が原作?犯人の時効撤廃で刑法は如何に」まとめ

いかがでしたか?

今回は「22年目の告白は実話?韓国映画が原作?犯人の時効撤廃で刑法は如何に」についてお話してきました。

「22年目の告白」は韓国映画がもとになり、
さらにその韓国映画は実際の事件をもとに制作されました。

実際に本は出てません。

22年目の告白が実際に起こった事件とした場合
犯罪としては1人分の立件しかできないことに、、、

これだけの犯罪を犯していても法律に則った判断しか
くだせないのは違和感を感じますよね。

 

それでは、以上で
「22年目の告白は実話?韓国映画が原作?犯人の時効撤廃で刑法は如何に」
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です