キラウエア火山の噴火活動から溶岩と海水が混ざるとどうなるか調べた

「2018年5月19日深夜、」

米ハワイ州ハワイ島のキラウエア火山が噴火

噴火口以外にも

山腹や道路に20か所以上

亀裂からも溶岩が流れ出て

噴出の範囲が拡大してる。

Sponsored Link

「住人が被害に」

ヘリコプターで搬送された被害者

自宅のバルコニーで溶岩のしぶき

足にかかり重症やけどをする。

「どんな被害があるのか、」

ハワイ火山観測所(HVO)によると

海へ流れ込んだ溶岩流は有毒ガスを発生

人体への被害を強く呼びかけている。

「火山から噴き出す溶岩の成分」

火山から噴き出す二酸化硫黄は3倍

増える予測をしている。

溶岩流は赤くドロドロとしている。

ドロドロを保ったまま流れ出ている状態は

1,000℃くらいを維持したまま海水へ

流れ込んでいる状態が予測される。

噴出高さは30mを超す高さで

水蒸気爆発も考えられる。

「溶岩流と海水」

溶岩流が海底まで辿り着くと

溶岩を取り込んだ海水は加熱され

溶岩の二酸化硫黄塩化水素と溶け合い

硫酸塩酸窒素ガス水素ガスといった

人体に被害を及ぼすガスを発生します。

「被害が拡大」

地震2250回以上

40棟以上の建物が破壊

「キラウエア火山の噴火活動から溶岩と海水が混ざるとどうなるか調べた」のまとめ

まだ被害は続いているようです。

溶岩は高温の上に有害なガスを

発生させることもあります。

赤く燃える色に思わず綺麗、

といった感情になったりすることも

もしかするとあるかもしれません。

水蒸気爆発で逃げる間も無く

被害を受ける場合も想定されます。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です