キラウエア火山噴火で溶岩の温度や粘度、観光地被害があるのか調べた

ハワイのキラウエア火山の噴火は

5月3日噴火してから3週間が経ち

さらに噴火を繰り返している。

そうなると、ハワイの旅行を計画している人は大丈夫?

旅行のキャンセルが増え続け大打撃を受けている状況

プナ地区からは1万人以上避難している。

溶岩は50軒以上の建物を破壊し被害は拡大している。

USGS(United States Geological Survey(アメリカ地質調査所)と

ハワイ火山天文台は地層破壊による亀裂から

有毒ガスが出ている状況で警戒と警告を促している。

溶岩の種類・性質は

温度が1000℃に達し、性質は

玄武岩質を多く含み粘度がゆるいです。

山の形状から楯状火山という種類になり、

粘度の低い溶岩流が作り上げた火山形状です。

Sponsored Link

20世紀中に45回も噴火を繰り返す

キラウエア火山の位置は、ビックアイランド

プナ南部に位置する大規模な活火山です。

キラウエア火山は35年間常に噴火を繰り返してました。

4月30日に発生した大きな地震により噴火口が

ダメージを受けて大規模な噴火に至りました。

USGSは火山活動がいつおさまるのか見当がつかず

歴史上最大の噴火であると判断してます。

ハワイに旅行しても大丈夫なのか?

ハワイ州知事David Ige氏は、巨大なガス雲や猛烈な溶岩流

の状況を見ても旅行するには安全だと主張


過去の写真より
「専門家は、避難した地域以外は噴火の危険性がない」

「津波の脅威もない」

「大気の状況は常に計測している」

懸念は、被災地の住人であり、最善を尽くすため

全ての支援を受けると言ってます。

Sponsored Link

ハワイに旅行しても大丈夫なのか?

ハワイの訪問者に影響ないのは?

下記のエリアだと発表されてます。

・オアフ島
・マウイ島
・モロカイ島
・ラナイ島
・カウアイ島

訪問者は、美しい島を体験することや安らぎを

提供することを約束すると断言してます。

ハワイの観光業に影響が、

ハワイ観光局 George D. Szigeti社長兼最高経営責任者(CEO)は

火山活動エリア以外は被害の影響はないと断言。

夏の旅行予約が噴火後の数週間で影響を受けている模様

旅行者は計画を延期することなくハワイ諸島で楽しむことができ

宿泊施設やアクティビティで楽しむ場所は豊富にあります。」

180億円以上の被害

ビックアイランドのホテル予約50%減少

ショナルパーク・サービシーズは公園の閉鎖に伴い

1億6600万ドル(日本円180億円以上)の被害

パーク・サービス・レポートによると公園に訪れる観光客

2,000人の雇用など222万ドル(日本円2億4千万円以上)

民間の30%が観光に関わる経済状況

観光客が激減すると経済状況の悪化が懸念される

火山活動経済活動のなかで揺れ動く状況が続く

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です