スコティッシュフォールドって飼いやすい?性格は?

スコティッシュフォールドが誕生した歴史とエピソード

スコテッシュフォールドのルーツは1961年スコットランドの

農家で生まれたのが始まりです。

突然変異で耳が折れたメスの猫ちゃんのスージーから始まりました。

Sponsored Link



スコティッシュフォールドの異種交配の秘密

耳が折れたスコティッシュフォールドは耳の折れた同種を

交配させると体が弱く骨の異常を発症することから

アメリカンショートヘア、ブリティッシュショートヘア、

エキゾチックショートヘアと掛け合わせてスコティッシュフォールドらしい

個性を保ち、遺伝による疾患を克服してきました。

スコティッシュフォールドの猫種と交配可能猫種からみる性格

そんなスコティッシュフォールドの性格はアメリカンショートヘア、

ブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘアの

丸みと温厚な性格に影響されてるのではないでしょうか。

穏和な性格で鳴き声も小さい。

猫同士も仲良くできます。

後から家族を増やす際でも比較的安心して向かい入れることができます。

面白い行動をするのでお茶目でお笑いの素質があります。

スコ座りで毛繕いするときは無防備で可愛らしい。

飼い主と遊ぶのが大好きで遊んであげないと遊んで!アピールをしてくる。

猫によっては人懐っこい子と臆病な子で両極端な性格がいる。

お家が大好きなので環境を変えるとストレスになる場合もあります。

食べるの大好きなのでご飯前になるとテンションが上がります。

スコティッシュフォールドの体の特徴

スコティッシュフォールドの特徴は折れた耳にあります。

と言ってもうちの猫はみんな立ち耳のスコティッシュフォールドです。

耳折れのの確率は生まれる数の30%程度です。

折れ具合は3種類

・シングルフォールド:折りたたみ回数が一回でゆるく折れている。

・ダブルフォールド:折り目がしっかりついて前に折りたたまれた状態

・トリプルフォールド:折りたたみ回数が3回で顔に沿って完全に折りたたまれた状態

体型はセミコビーというタイプで体全体が丸みを帯びていて、

ガッチリした骨格、顔も目もまん丸で見ているだけで癒されるフォルムです。

被毛はほとんどが短毛(ショートヘアー)ですがハイランドフォールドや

ロングヘアフォールドの長毛もいます。

体重はオスが4〜6kg、メスが3〜4kgですがちなみにうちの長男は7kgあります。

鶏肉を食べてるためかデブではないですが、がっしりしてます。

Sponsored Link



スコティッシュフォールドの気をつけるところ

スコティッシュフォールドは他の猫種より下記の症例を持って生まれてくることがあります。

特徴的なところでは

遺伝性骨形成異常症 、 腎不全 、 外耳炎 です。

遺伝性骨形成異常症

立ち耳の子より折れ耳の子に多い

生後2、3ヶ月〜2年くらいの成長過程で発症します。

尻尾や足の関節部分が異常に骨が飛び出し痛みを伴う場合もあります。

成長期を過ぎれば骨の異常発達は治りますが、痛みはとれない場合もあります。

腎不全

腎臓の役割は体に必要な栄養と必要のなくなったものをろ過してくれます。

さらに、体内バランスを整え血圧の管理、ホルモンの分泌といった体にとって

大事な臓器です。

その腎臓が悪くなってしまうと水を異常に飲んだり、下痢や便秘になったり

ご飯をあまり食べなくなったりします。

次男は家に来た小さな時から腎臓の数値が高くて心配をしてました。

2歳半くらい経った最近では、成長と共に?、食事をバランスよくあげているから?

なのか完全に腎不全になってしまうと治ることがありませんと言われていましたが。

ここ最近は正常値へ近づいてます。

心配をされる方は食事を見直すといいかもしれません。

外耳炎

折れ耳の子は毛づくろいで耳の中を綺麗にできないなど不衛生になりがちです。

耳掃除をきちんと習慣化すると良いでしょう。

スコティッシュフォールドのまとめ

まん丸の顔、まん丸の目、丸っこい体つきでどこをとっても愛くるしく

穏和な性格で優しくて、行動が面白いのでいつも笑わせてくれます。

他の猫種に比べるとスコティッシュフォールドならではの病気になる子もいます。

特徴を理解して育ててあげると予防できる病気もありますので愛情を持って

育てることで、猫も愛情と癒しをあなたに届けてくれます。

うちには茶白の長男と黒白の長女と三毛の次男を飼っているので詳しく説明します。^^

うちのにゃんこの性格分析

茶白(長男)・・

穏和な上におっとりで遊びたいけど奥手で素直になれない性格です。

他の子が人と遊んでいると譲ってあげる。

とにかく周りへの気遣いができる

とっても面倒見が良い

とっても優しい子

人間みたいに表情が豊か

遠慮しがちでストレスを貯めやすい。

怖がりなので大きな音や怒るとビックリして萎縮してしまう。

茶白のスコティッシュフォールドはたくさん遊んであげて、甘えさせて、

頭が良いのでむやみに怒らず、話しかけるようにしましょう。

黒白(長女)・・

人懐っこいのと警戒心の強さが入り混じってる

甘えたい時はさわらせてくれるけど、

そういう気分じゃないの!という時は全然さわらせてくれない。

愛情深いので他の猫に優しい。

抱かせてもくれない。

賢いので要領がよい。

遊びやおやつも要領よく有り付く。

黒白のスコティッシュフォールドは甘えてきた時は触れるチャンス!

いっぱい撫でてあげよう!

写真は家に来た時、大きくなってくるとクリーム色の毛色が増えて来てます。

キャリコ(三毛)(珍しい三毛猫オスの次男)・・

穏和な性格に自由をプラスしました。

甘えるアピールとお茶目なポーズで強烈アピール

突然ダッシュして暴れる。

ぶちに縞があるとお転婆プラス!猪突猛進で怪我をしやすい

(実際暴れて両足の爪を一本づつ剥がして救急病院直行!!)

メスの場合お嬢様、希少なオスはガキ大将

甘えることに関しては目敏く、他の猫よりも抜きん出た才能を

持ち合わせてる。

三毛のスコティッシュフォールドは、

注目して欲しいのでとりあえず

写メしてあげましょう。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です