アメリカンショートヘアって飼いやすい?性格は?

アメリカンショートヘアーが誕生した歴史とエピソード

1620年イギリスからアメリカへメイフラワー号は移民を乗せて航海をします。

66日間その航海を共にしていたのがアメリカンショートヘアであると言われてます。

その頃イギリスでは農耕が発達し、ネズミの駆除に猫が活躍をしてました。

そのため猫も一緒に旅をすることになります。

その時はアメリカンショートヘアという猫種はいませんでした。

先祖であるブリティッシュショートヘアーが乗船していたのです。

Sponsored Link



アメリカンショートヘアの異種交配の秘密

アメリカンショートヘアの先祖はブリティッシュショートヘアーと言われてます。。

アメリカンショートヘアはアメリカでドメスティックキャットという

名前で登録されましたが、

人気低迷を打開するためにペルシャと交配をして、

アメリカンショートヘアーという名前を復活し人気を取り戻しました。

アメリカンショートヘアの性格

アメリカンショートヘアの性格は先祖はブリティッシュショートヘアーが先祖なので

穏やかな性格とハンター気質を持ち合わせています。

生い立ちからなのかわかりませんが、社交的で物怖じせず、

環境適応も比較的早い猫種です。

遊びも大好きで、お利口さんなので人の話していることが理解できるとも言われます。

あまり抱かれることは好きではないですが、

初めて会う人でも物怖じせず、頭を突き出して撫でて欲しい仕草をしたり、

物の影から顔をお出して興味を引いたり愛嬌があって飼いやすいです。

アメリカンショートヘアの体の特徴

顔は丸く、顎はしっかりとしています。

体は骨格ががっしりと筋肉質なからだでバランスのとれた縦長の体です。

密度の濃い短毛で、模様はシルバークラシックタビーがアメリカンショートヘアの

代表色でグレーとブラックの縞模様が特徴的。

体重はオスが4〜7kg、メスが3〜6kg

Sponsored Link



アメリカンショートヘアの気をつけるところ

アメリカンショートヘアはブリティッシュショートヘアーが先祖ですから

筋肉質で比較的長寿命だと言われてます。

15年から20年生きる猫もいるようです。

特徴的なところでは

 糖尿病 、 皮膚病 、 関節炎

糖尿病

ご飯もおやつもあげた分食べちゃう傾向ありです。

もともとハンターの血が流れており筋肉しとな体は代謝がいいのですが、

家庭の中にいる猫は運動不足になりがちです。

合併症を併発しかねないので適度に遊んであげることとバランスの良い食事を、

猫じゃらしやおもちゃ好きです。

皮膚病

皮膚病になりやすいのでストレスを抱えないように気をつけること

ご飯も栄養バランスに気をつけて栄養バランスの偏りをなくしましょう。

関節炎

もともと活発な性格で食事も大好き、肥満から関節に負担がかかり
関節炎になる子が多いようです。

まとめ

顔は丸く顎ががっしりで体は骨格がしっかりしていて筋肉質

密度の濃い短毛も特徴的

性格は、明るく社交的で物怖じせず、人と遊ぶことも好きで

人間の会話を理解してるのでは?と思わせるほど信頼関係を作りやすいです。

猫を飼いたい初心者向きですね。

特徴を理解して育ててあげると予防できる病気もありますので

愛情を持って育てることで、猫も愛情と癒しをあなたに届けてくれます。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です