ベンガルって飼いやすい?性格は?

ベンガルが誕生した歴史とエピソード

ベンガルの歴史は1963年が初めでした。

のちに1970年代に猫の白血病研究のため交配を再開しました。

Sponsored Link



ベンガルの異種交配の秘密

ベンガルの歴史は1963年にアメリカでブリーダーが

アジアンレパードとイエネコを交配させたことから始まります。

一度、中断された交配でしたが1970年代に再びアジアンレパードと

イエネコの交配させて生み出されたのが現在のベンガルの始まりです。

ベンガルの性格

野性味溢れるヒョウ柄のベンガルですが、そんな派手で野性味溢れる

見た目に反して、人なつっこく遊ぶこと大好きな好奇心旺盛タイプ

穏やかな猫と交配をしてきたおかげもあり穏やかな性格です。

繊細な面もあるので大きな物音でびっくりさせたり、

大声で起こることはしないでください。

ストレスを溜めているようであればしっかり遊んであげて

ストレスを解消してあげましょう。

多くの猫種は水を嫌がりますが、ベンガルは個体差もありますが

水が見が手ではありません。

体を洗うときに水が苦手ではないというのはありがたいですね。

ベンガルの体の特徴

ベンガルの特徴は何と言っても綺麗なヒョウ柄に

骨格がしっかりしていて引き締まった筋肉質体型

後ろ足が長く腰の位置が高い隆起的なスタイルは美しいです。

顔は小さく目尻が吊り上がったアーモンドのようなシャープな印象で

美猫です。

体重はオスが5kg〜7kg、メスが3kg〜5kg

Sponsored Link



ベンガルの気をつけるところ

ベンガルの寿命は12歳〜15歳くらいと一般的と言われてます。

ベンガルは非常に体が丈夫な猫種で特定の症例はありません。

といっても、運動させてあげないとストレスを抱えることや

環境に敏感な点もあるので、うるさい環境や子供が小さくて

騒ぐような環境にはあまり向きません。

ベンガルは先祖のアジアンレパードキャットの血統で白血病に対して

免疫を持っていると言われてます。

特定の病気がない上に白血病に対して免疫を持っている猫種は

他にありません。

まとめ

見た目のヒョウ柄から野性味溢れる飼いにくさを想像してしまいますが、

実は、甘えん坊で、遊び大好き、穏和で人とも仲良くできて

初対面の人や猫でも仲良く愛想振りまくことができると言われてます。

とても人気のある猫種です。

病気にも強く、白血病に免疫を持っています。

ストレスを抱えやすいので、運動させてあげることと

大きな音やびっくりさせることはできるだけしないようにしましょう。

特徴を理解して育ててあげると予防できる病気もありますので

愛情を持って育てることで、猫も愛情と癒しをあなたに届けてくれます。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です