ノルウェージャンフォレストキャットって飼いやすい?性格は?

ノルウェージャンフォレストキャットが誕生した歴史とエピソード

ノルウェージャンフォレストキャットのルーツは謎に満ちてます。

一説は、女神が乗るソリを引いていたという神話があるそうです。

もう一説は、トルコからバイキングが連れて来たという説です。

北欧の寒い土地に適応するため長くフカフカとした毛で体を覆い、

大きな体へ進化してきました。

Sponsored Link



ノルウェージャンフォレストキャットの異種交配の秘密

ノルウェージャンフォレストキャットは単一種で交配を繰り返してきました。

先祖は、南ヨーロッパの短毛猫でスコウガットという説もあります。

ノルウェージャンフォレストキャットの性格

穏和な性格で賢くしつけもしやすい

社交的で辛抱強い

優しい性格で猫同士も仲良くできます。

後から家族を増やす際でも比較的安心して向かい入れることができます。

愛情深い性格で飼い主のことを信頼して大好きになってくれる子が多いです。

長毛で気品のある姿に反して活発で遊ぶことや、高いところに登ることが好き

ノルウェージャンフォレストキャットの体の特徴

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴は長毛で体が大きく優雅

成猫までの成長が3年から5年ほどで他の猫種に比べて倍くらいの月日をかけて成長します。

腰高で筋肉質な体はシャープで美しい。

鼻が高く美人またはイケメン!

体重はオスが4〜7kg、メスが3〜6kg

Sponsored Link



ノルウェージャンフォレストキャットの気をつけるところ

ノルウェージャンフォレストキャットは他猫種の交配がないので劣性遺伝が少ない

他の猫種にくらべ丈夫な猫です。

特徴的なところでは

 肥大型心筋症 、 多発性嚢胞腎疾患 、糖尿病 、 毛玉症

と言われてます。

肥大型心筋症

心臓の筋肉が内壁側に厚くなっていき心室が狭くなる、

体に必要な血液や栄養が送られなくなってしまう。

必要な血液を送ろうと心拍数を上げたり血圧を上げたり

小さな体には負担が大きいです。

多発性嚢胞腎疾患

ノルウェージャンフォレストキャットの唯一の劣性遺伝と言うべきでしょうか。

尿流感知のセンサーまたはカルシウムチャンネルの異常から

尿細管の調整がきかなくなり嚢胞(のうほう)ができる。

糖尿病

体が大きいので食べる量も必然的に多くなってしまうかもしれないですね。

バランスの良い食事を心がけましょう。

毛玉症

長毛がトレードマークですがそれと引き換えに毛玉症。

ブラッシングはこまめに!

トータルケア

毛玉症を防ぐ、バランスの良い食事を適量、水分摂取は確実にしてあげてください。

水をなかなか飲んでくれないときは、食事で水分を取れるように工夫しましょう。

まとめ

鼻筋の通った綺麗で神秘的な顔立ちと大型で腰高で長毛の優雅なフォルム!

穏やかで、賢く、飼い主に従順です。

長毛のため毛玉症になりやすいのでブラッシングは

こまめにしてあげると良いでしょう。

特徴を理解して育ててあげると予防できる症例もあります。

愛情を持って育てることで、猫も愛情と癒しをあなたに届けてくれます。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です