ペルシャって飼いやすい?性格は?

ペルシャが誕生した歴史とエピソード

ペルシャの歴史は旧ペルシャ(現在のイラン)です。

15世紀からいたようで、16世紀にはイタリアへ渡り、

18世紀後半にイギリスのキャットショーに出てから

脚光をあびることになります。

Sponsored Link



ペルシャの異種交配の秘密

ペルシャの先祖はターキッシュアンゴラと言われております。

ペルシャ猫は純血通してきましたが、

シャムネコと交配をしてヒマラヤン、

ブリティッシュショートヘアと交配をしてエキゾチックショートヘア

が誕生しました。

ペルシャの性格

とても穏和で上品、鳴き声は小さく、のんびりとした性格です。

暴れたるするようなこともなく、ゆったりとマイペースな行動です。

抱かれることにもあまり抵抗はしないようですが、

構いすぎはストレスを抱えるので適度にしましょう。

発情期でもあまり鳴くことがないくらい高貴な猫種です。

ペルシャの体の特徴

ダブルコートでゴージャスな長毛が特徴のペルシャですが、

体つきですが実は筋肉質でがっちりタイプ。

骨太で胴は短く、足も長くはないです。

顔は丸く、鼻が低いのが特徴です。

豪華な長毛ですが、シルバーやゴールドの特定の毛色の種類は

チンチラとの扱いになります。

体重はオスが3kg〜6kg、メスが3kg〜5kg

Sponsored Link



ペルシャの気をつけるところ

ペルシャの寿命は15歳〜20歳くらいと長寿猫と言われてます。

特徴的なところでは

尿管結石 、 皮膚病 、 肥大型心筋症 、尿管結石 、 多発性嚢胞腎疾患

遺伝的に症状が猫種です。

尿管結石

水をあまり飲まないことが原因です。食事を工夫するなど自然と水分を取れる工夫が必要かもしれません。

賑やかな場所が苦手なだけにストレスを抱えやすいそうです。
ビタミン不足などの影響もありそうです。

皮膚病

皮膚病になりやすいのでストレスを抱えないように気をつけること

ご飯も栄養バランスに気をつけて栄養バランスの偏りをなくしましょう。

肥大型心筋症

心臓の筋肉が内壁側に厚くなっていき心室が狭くなり、体に必要な血液や栄養が

送られなくなってしまう病気です。

必要な血液を送ろうと心拍数を上げ、血圧を上げ、小さな体に負担が大きいです。

多発性嚢胞腎疾患

尿流感知のセンサーまたはカルシウムチャンネルの異常から尿細管の調整がきかなく

嚢胞ができる。

まとめ

ペルシャの特徴はダブルコートの優雅な長毛にあります。

行動もゆっくりマイペースで上品です。

毛は長く密度が濃い上に抜けやすく、ブラッシングは毎日

もしくは2日に一度はしてあげましょう。

性格は穏和で抱こうとしても激しく抵抗することが少ないです。

しかし、あまり感情を表に出さない猫ちゃんでも

構いすぎはストレスを溜めるので、毎日軽く運動を兼ねて

遊んであげることを心がけてください。

大人になるにつれてあまり運動もしなくなりますが

太りやすい体質でもあるますので食事と運動をバランスよく

育ててあげてください。

特徴を理解して育ててあげると予防できる病気もありますので

愛情を持って育てることで、猫も愛情と癒しをあなたに届けてくれます。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です