マンチカンって飼いやすい?性格は?

マンチカンが誕生した歴史とエピソード

マンチカンの歴史は1944年イギリス、1956年ロシア、

1970年アメリカ(ニューイングランド)、1980年代(ルイジアナ州)

4つの時代に発見された記録が残ってます。

Sponsored Link



マンチカンの異種交配の秘密

本格的な繁殖はルイジアナ州で1983年に

足の短い猫が発見された頃から始まります。

ブラックベリーと名付けられた足の短い猫は交配をさせられて

さらに足の短い猫が増えてきました。

遺伝的に問題があると論争が持ち上がりますが、

その後、問題はなく健康だというTICAの判断をうけてから

個体数が増えていくことになります。

マンチカンの性格

マンチカンの性格は人懐っこい性格で元気で甘えん坊、

明るい性格で短い足を一生懸命動かして走ります。

お家の中がパッと明るくなるほどムードメーカーになるでしょう。

社交的な性格で人も猫も仲良くできますので、

多頭飼いも比較的しやすい猫種です。

繊細なので車での移動や大きな物音にストレスを溜めるかもしれません。

鳴き声は少し大きな声で鳴きます。

遊び好きなのでたっぷり遊んであげましょう。

マンチカンの体の特徴

マンチカンの特徴は胴長で足が短いダックスフンドの

猫版といったポジションでしょうか。

歩幅が狭くてぴょこぴょこ歩く姿は自然と笑顔になります。

体型はセミフォーリンタイプという筋肉質

頭が丸くて耳が離れている、上目遣いなまん丸な目

丸くてムクッとしたフォルムが愛らしいです。

体重はオスが3kg〜5kg、メスが2.5kg〜4kg

Sponsored Link



マンチカンの気をつけるところ

マンチカンの寿命は10歳〜13歳くらいと一般的と言われてます。

特徴的なところでは

 椎間板ヘルニア 、肥満 、 毛玉症

椎間板ヘルニア

足が短く一生懸命走ったり、飛んだりするとき

足で衝撃を吸収できないため腰に負担がかかりやすいです。

肥満

椎間板ヘルニアになると運動量が減るため食事管理を日頃から

気をつけましょう。

毛玉症

長毛がのマンチカンは毛づくろいで毛を飲み込みやすいです。
ブラッシングはこまめに!

まとめ

短い脚で一生懸命走ったり、遊んだりする姿にメロメロになります。

甘えん坊で人懐っこい性格

小さくて愛らしいマンチカンに癒されます。

足が短い分、腰への負担が大きく椎間板ヘルニアになる可能性が高いです。

強度な高いところを登らないよう配慮してください。

太りやすい体質であるため運動量が減ると

肥満、糖尿病の危険も出てきます。

特徴を理解して育ててあげると予防できる病気もありますので

愛情を持って育てることで、猫も愛情と癒しをあなたに届けてくれます。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です